プロフィール
葬儀ビジネス研究所
葬儀ビジネス研究所
遺体搬送、納棺、セレモニースタッフ、葬祭スタッフ育成などに携わった自らの経験をもとに、葬儀・お墓に関する情報を発信しています。
くわしくはこちらへ
QRコード
QRCODE

2007年12月27日

葬儀・仏壇・お墓は異業種か

最近取材が増えてきました。

先日は某ビジネス誌の取材。
内容は「40〜50代のビジネスマン向けのお葬式・お墓講座」

お葬式やお墓について考えておきたいこと、準備できることなど、基本的なことをアドバイスする形でのインタビューとなりました。

ところで、
お葬式もお墓もエンディングビジネスとして同じカテゴリーのように捉えられていますが、
業界内では、葬儀業界と墓石業界はまったく別枠として考えられています。

実際にそのとおり。

私は葬儀社での勤務経験のほか、仏壇・墓石業者での勤務経験もありますが、実際に働いてみるとかなり事情が違います。
覚える知識も違えば、お客様との接し方、死の捉え方まで・・・
同じような仕事に見えても全く異なっています。

例えば、お寺を見るときの視点・・・

葬儀を行ったことを想定して、着席数、幕の張り方、テントの設置場所、導線を見る。


本堂の荘厳(お飾り)、ご本尊、仏具の種類・大きさなどを見る。


墓所の区画、墓石の傾向、刻む文字、施工技術などを見る。

それぞれの業者は接点がありますし、業者によっては葬儀・仏壇・お墓すべての業務を行っているところもあります。

それでもやはり異業種である感は否めません。

異業種ではあるけれど、大きな枠でくくれば同じ仲間。
互いに接点を持ちながらエンディングビジネスを考えていくことが大切なのではないかと思います。  

Posted by 葬儀ビジネス研究所 at 15:17Comments(0)葬儀・お葬式ビジネスのヒント