プロフィール
葬儀ビジネス研究所
葬儀ビジネス研究所
遺体搬送、納棺、セレモニースタッフ、葬祭スタッフ育成などに携わった自らの経験をもとに、葬儀・お墓に関する情報を発信しています。
くわしくはこちらへ
QRコード
QRCODE

2008年01月24日

ペット法要施設は課税対象か?

先ほどのニュースより・・・。

東京・両国の寺院「回向(えこう)院」が、東京都が同寺院保有の動物供養施設に固定資産税などを課したことに対して、課税取り消しを求めていた訴訟で、東京高裁は23日、請求を認める判決を言い渡したそうです。

つまり、この判決によって動物供養施設に固定資産税はかからないということになります。

もちろん、これは回向院の場合。

回向院は江戸時代から動物の供養を行うことで広く知られていたお寺。また、定期的な法要を行ったり、宗旨・宗派の作法にもとづいた供養を行っていたため、「営利目的である民間業者が行っている動物供養とは違う」と判断されたそうです。

ペットとは今や家族の一員。
大切な家族を失ったら、心をこめて送りたいというのは残された人共通の願いでしょう。

しかも、ペットといえども、昔のように埋める場所もなく民間の火葬施設や埋葬施設を利用しなければいけないという現実的な問題もあります。

10数年前より、ペット産業は急成長。それにともなう法整備は大幅に遅れていると言われています。
もちろんペットの死に関しても例外ではありません。

2003年に1兆円規模だったペット産業が、2006年には1兆1千億円に膨れ上がっています。

ペットの死にまつわる周辺事業に対する法の整備は早急に行わなければいけない時期にきていると思います。  

Posted by 葬儀ビジネス研究所 at 14:45Comments(0)葬儀・お葬式ビジネスのヒント