プロフィール
葬儀ビジネス研究所
葬儀ビジネス研究所
遺体搬送、納棺、セレモニースタッフ、葬祭スタッフ育成などに携わった自らの経験をもとに、葬儀・お墓に関する情報を発信しています。
くわしくはこちらへ
QRコード
QRCODE

2007年10月17日

消防団と葬儀屋さん

昨日、14時半ごろ遅めのランチで外に出たところ、ものすごいヘリコプターの数・・・・・・。
「なにか事件か事故かな?」
その理由がわかったのは帰り道のこと。

いつものように仕事場から自宅まで自転車で帰っている途中、消防車が列をつくって道路わきに止まっていました。片側車線は完全閉鎖。
『火災のため通行禁止』
という案内表示と、とこまでも続く消防車の列。
その先には、1件の家屋から火、そして立ち上る煙・・・。

そう、夜のニュースではどのチャンネルでも放送されていたくらい、ものすごい火事だったのです。

近隣に勤める会社員の方が喉をいためたり、病院に運ばれた方も何人かいらっしゃったようですが、大事にはいたらなかったとか(←ニュースによると)。よかったですね。

さて、今回の火災では消防団員が200名も駆けつけたとか。

その中には葬儀社の関係者もいるのだろうか?とふっと頭の中によぎってしまいました。
(↑不謹慎ですみません)

葬儀社のスタッフが地元の消防団員になるというケース、珍しくないんです。

その理由は「地元に貢献するため」
つまりPRの一貫として。

地元の人、町会関係者に認知していただくために、各葬儀社はさまざまな努力を行っていますが、地元の消防団の活動をすることもそのうちのひとつになります。

それが直接集約に結びつくかどうかはわかりませんが、
「○○葬儀社は頑張ってる」
「○○葬儀社の○○さんはよくやってくれる」
そんな噂はあっという間に広まるものです。


消防団のほか、地元に対して貢献できることはないか、葬儀社は常に考えています。
町会のお祭りや盆踊りのお手伝い、イベントの企画、交通整理・・・。

ホームページを見て葬儀社を選択する人が増えてきたとはいえ、葬儀社は単なるモノの売り買いではなくサービスやホスピタリティを提供する仕事。

地道で時間はかかりますが、ハートで感じる人間的なお付き合いをすることが、堅実な集客方法だといえるかもしれませんね。

同じカテゴリー(葬儀・お葬式ビジネスのヒント)の記事
書籍出版のお知らせ
書籍出版のお知らせ(2010-03-15 15:55)

お墓はいつ建てる?
お墓はいつ建てる?(2008-04-24 11:31)

戒名記事がYahoo!に!
戒名記事がYahoo!に!(2008-04-14 16:25)